ケアワーカーになろう

ケアワーカーは、高齢者や障害を持っている方の日常生活のサポートをするお仕事です。高齢化が叫ばれる日本では、これから先、確実に需要が高まる仕事になっています。

ケアマネとケアワーカーの違い

ケアマネは利用者のケアプランを作る

ケアマネージャーは、利用者一人一人に合ったケアプランを作成することが仕事となります。

ケアプランに沿って実際サポートするケアワーカー

ケアマネージャーが作成したケアプランに沿って実際にサポートを行うのがケアワーカーとなります。

求人サイトをチェックしよう!

ケアワーカーの仕事を探すなら求人サイトの利用が便利です。東京の求人情報も豊富にあります。

介護職の人気ランキング

介護
no.1

ケアマネージャー

ケアワーカーとして勤務しながら、ステップアップしてケアマネージャーを目指すという道も人気です。

no.2

介護施設のケアワーカー

介護職で一番すそ野が広いのがケアワーカーともいえます。介護職を目指すなら一番需要があります。

no.3

生活相談員

老人ホーム入居者などのその後の生活の安定を支えるのが生活相談員です。高齢者とご家族の相談に乗ります。

no.4

ホームケアワーカー

在宅で暮らしている利用者の家に赴き日常生活をサポートする役割です。通院のサポートなども行います。

no.5

デイサービスでの介護職

老人ホームなどの施設と違い、日中に利用者を預かる形なので、夜勤があることが少なく人気です。

理想的な職場を探そう~ケアワーカー求人の選び方~

介護

ケアワーカーの仕事内容について

ケアワーカーの仕事は、高齢者や障害者の方々の日常生活のサポートをすることです。食事・入浴・排泄の手伝いなど、日常生活のあらゆる場面の介護が対象となります。場合に応じては、相談に乗ったり話し相手になったりと、精神面でのケアも必要となります。

手

求人をチェックする際のポイント

ブラック企業も多いとされる介護職の求人ではしっかりとした見極めが必要です。常に求人を行っている施設は慢性的な人手不足に陥っている可能性が高いです。また、自分の目で直接施設を確認していることも大事です。

ウーマン

面接を受ける際に気をつけたいこと

ケアワーカーの仕事は常に人と接する必要があります。その為、面接ではハキハキと話し、笑顔を絶やさないことを心掛けましょう。仏頂面で、話が苦手な職員は、クレームになりかねないと施設側が考える可能性があります。

履歴書

ケアワーカー資格の試験内容

ケアワーカーの資格は、学校に通って取得する方も多いですが、社会人になってからでしたら、3年以上介護職で実務経験を積むと受験資格が得られます。試験は、筆記試験と実技試験になっています。合格率は低くなく、しっかり勉強して受験すれば比較的取れやすい資格です。

ケアワーカーに向いている人の特徴

ハンド

人とのつながりを大切にしたい

ケアワーカーは人とのつながりが大事になる仕事です。コミュニケーション能力が高い方は向いています。

人と会話するのが好き

ケアワーカーは、利用者との雑談も立派なお仕事です。孤独を感じている利用者も多くおしゃべりが心の支えになる場合もあります。

根気強い性格

ケアワーカーは、日常生活のサポートが主なお仕事で、日々同じことの繰り返しが大切になってきます。

体力がある

入浴の介助や、外出のサポートなど、体力が必要となる場面が多々ある為、体力が必要となってきます。

思いやりがある

ケアワーカーで大切なのは、相手が何を必要としているかを察する力です。利用者の立場に立った考え方ができる事は大事なことです。

広告募集中